中国整体について

施術

中国整体「楽園」です。

今回は中国整体について書いていきます。

中国整体は日本の整体と同じように思われがちですが、中国では医療行為としての按摩を推拿(すいな)を実践しています。


実際に日本の整体と中国の推拿では、技法は似ていても施術は全く違います。


推拿の「推」には手を1つの方向へ押し進める、「拿」には押し進めた手で掴むという意味があります。

推拿の技法・特徴とは

筋肉や関節を手技によって予防や治療を行うため、中国では医療として病院内に推拿科という科を置いている所もあり、医療行為としての推拿を行う者として法的に認められています。

基本的に推拿は、同じ力で同じ方向へ向かって遠心力を用いて「撫でる」「さする」という手技が基となっているため、ゴリゴリ音が鳴るようなものではなく、振動を内部に伝えることで新陳代謝を高め細胞の修復をさせたり、気の循環を良くすることで痛みの軽減や骨盤などの矯正を目的としています。
推拿の手技には多数の種類があり、改善したい部分によって施術が異なります。

推拿の改善効果

開始から数分で深い眠りに落ちるほどリラックスした状態になれるのです。


体の筋肉や腱等の緊張がほぐれることで血流が良くなり患部の痛みを和らげ、痛みのある場所ではなくその原因となる場所を探し当て、根本から治療するということが推拿の即効性に繋がっています。

患部を圧迫して血流を良くする整体とは違い、振動を起こすことで患部へ浸透させるという間接的な手技によって調整・調和・修復・矯正の効果があります。

以上ですが中国整体の特徴を述べて来ました。

中国整体「楽園」では推拿(すいな)のような医療整体は資格がありませんのでご提供はしておりませんが、代わりにアロマ(オイル)マッサージを用意しています。

施術が違いますが、患部にオイルを塗り、首やあらゆるリンパを刺激します。

これは、基本マッサージの気持ちよくなるだけのマッサージとは違い、治療のマッサージになります。正直言って痛いです。

ですが、これを続けていく事によって、今まで気になっていた痛みとかある部分が改善されていきます。これも中国整体師が用いている技法の一つです。

症状によっては中国のお酒を50度以上のものを使うことがあります。

患者さんよりまして、その時の体調とか持病があるかないかを確認しまして、施術師の家内が適切な施術をします。

ご安心下さい。

ブログ筆者の私も家内から治療を受けています。膝が痛いのと、学習の為です。

今では、階段も軽くなって来ました。これからも身体の為にある記事と施術体験を積みながら「楽園」のブログを書いていきたいと思います。

ご興味のある方は、是非ホームページをご覧下さい。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

関連記事一覧